トランジットの仕組みを容易に構築

トランジットに必要なゲートウェイ、バックオフィス、決済端末ご提供※1のほか、煩雑なトランジットの決済に関わるコンサルティングや業務設計も
請け負います。 ルミーズ提供のSDKを組込むことにより決済端末のタップ制御とTransit Gateway制御をカンタンに実装することができます。

Transit Gateway
Back Office
Terminal

※1 決済端末はID TECH社のVP7200をご提供いたします。

モバイル決済にも対応

Apple Pay等のモバイル決済にも対応しています。
カード番号(FPAN)とモバイルデバイスのトークン(DPAN)を紐付けます。
履歴参照時にプラスチックカード、モバイルデバイスのどちらでも確認を行うことが可能です。※2

※2 一部対応できないクレジットカードが存在します。乗降車時のFPAN、DPANの紐付きには対応していません。

aegise2.0 Transit Gateway サービス提供範囲と
ご用意いただくシステム

ルミーズのサービス提供範囲

有効性チェック(AVR)、
オーソリ、クリアリング

各ブランドごとに異なる
Transit電文を1つのI/Fにて提供

タップデータ管理

タップデータの履歴を一元管理

同一のPAN情報は全て同一のトークンIDを返戻

拒否リスト管理

有効性チェックもしくはオーソリで
NGとなったPANを拒否リストにて一元管理

拒否リストへの登録有無を返却
各ブランド要件に合わせ拒否リストを定期的に更新

利用者登録認証

利用者向けサイト構築に必要な認証機能を提供

事前登録における子供料金や障者割引料金等の設定も可能

トランジットサービス事業者様で
ご用意いただくシステム

上位アプリ

乗・降車時における決済端末のタップ制御

ルミーズ提供の
SDKを組込むことにより
カンタンに実装が可能

ABT(運賃計算システム)

タップデータを元に運賃を計算

クリアリング

売上データの伝送処理(SFTP)

利用者向けサイト(アプリ)

乗車履歴の閲覧、拒否状態の解除

aegise2.0 Transit Gatewayの特長

既存のABTシステムにカンタンに組込むことができます

1端末で暗号化されたクレジットカード情報

2クレジットカード情報を復号化しカードと一対のトークンを発行

3トークンを取得

4乗車情報とトークンを保存

5端末で暗号化されたクレジットカード情報

6トークンを参照

7降車情報とトークンを保存

8トークンをキーにして売上データを生成

9ファイル転送

ユーザーに新たな驚きとワクワク感を届ける次世代決済を、
aegise2.0で一緒につくりあげていきましょう。